資料請求・仮申込み受付中 0120-6464-26

互譲の精神について

eyecatch_bg.jpg

eyecatch_bg_sp.jpg

互譲の精神について

「互譲」とは、思いやりを持って自分から率先して相手に譲る心です。 「互譲運転」を実践することで、相手に「安全と心地よさ」を提供するとともに自分自身の安全確保にもつながります。

本校は創立以来この精神を教育方針として指導を推進しています。 私たち職員の願いは、みなさんに「上手な運転者より、立派な交通社会人」になっていただくことなのです。

『互譲三訓』

互譲

たったひとりでもよい。譲り合う心をもって、運転するドライバーが増えることによって、一件の事故をなくし、ひとりの尊い命を救うことになるのです。
「互譲運転」。これは、あたご自動車学校の運転教育の基本理念です。
本校を卒業されるあなたが、ぜひ、そのひとりになっていただきたいのです。
あなたのためにも、心に誓ってください。

運転は命

「互譲運転」とは、ふれあいの心。人への思いやり、人へのやさしさを大事にする運転のことです。
「互譲運転」とは、たった一度の人生のかけがえのない命、共に生きる命への共感。そんな心を大事にする運転のことです。
「互譲運転」とは、つまり、生命への畏敬、他者への真恕(※)、それを大事にする運転のことです。

※「真恕(しんじょ)」について

「思いやり」「真心をもって接する」「寛大な心」という意味です。
あたごでは、自分がされて嬉しいことは相手もされれば嬉しい、他の人へは思いやりをもって接するという「真恕」の精神を安全運転の理念として掲げています。

互譲の心

すべてのドライバーが、ゆずり合いの心で運転をしたら、悲惨な交通事故は減少するでしょう。
そして、その行動の一回一回は、あなたを変え、あなたを大きくしていきます。
“ゆずり合い”すなわち“互譲”の運転が、あなたの人生観を変えることにもつながるのです。
あなたへ感謝と信頼の心をおくります。